しわとたるみ

女性のお肌の悩みで一番多いのがしわ・たるみかもしれません。若い頃には無縁だと思っていても、あまり肌のお手入れをしなかったり、乱れた食生活や不規則な生活を送っていると、陰でひそかに肌の老化を加速させてしまい、まだ若いのにしわが目立ってきたり、あとでより多くのしわが現れてきてしまいますので、 しわが目立ってくる前の若い頃から注意が必要です。

しわ・たるみの種類と原因

しわは一般的に、額(ひたい)→まぶた→目じり→耳→頬(ほほ)→あごや口の周りの順番で見られるようになりますが、この しわの種類には、大きく3つに分かれます。

真皮のしわ
加齢や紫外線の影響でコラーゲン線維の弾力がなくなったもの、真性のしわともいいます。
表情によるしわ
表情を変えるときに一時的にできるもの、徐々に固定化されていきます。
ちりめんじわ
主に保湿が不十分で乾燥が原因でできた細かいしわ、仮性のしわともいいます。

ちりめんじわ、表情によるしわは生活習慣の改善やエステや鍼灸治療で回復可能なものです。

たるみは、皮膚細胞間の結合がゆるんでしまうため皮膚が弾力を失い、それと同時に筋肉も衰え、引力に負けて皮膚を支えられなくなることで生じます。目の周りや口元のしわは、広い面積をもつ額や頬のたるみによって引き起こされるいわば副作用的な現象だといわれています。
それなので、気になる目元や口元だけを一生懸命お手入れをするよりも、お顔全体をお手入れした方がより効果的といえます。

口角が下がって口が"へ"の字型になっていませんか?実はこれも頬のたるみが起因しています。無意識の時の"へ"の字型の顔をしていると、実際の年齢よりかなり上に見えてしまいます。


しわ・たるみの原因としては、主に加齢による皮膚の老化が多いのですが、そのほかにも下記のような原因が考えられます。

  • 慢性疾患を持つ内臓の損傷やその機能低下
  • 乱れた食生活(偏食、少食、過食)
  • 過労・運動不足
  • 不規則な睡眠
  • 精神的ストレス
  • 紫外線や肌にあわない化粧品の使用、強いクレンジングや過剰なメイクなどの環境的ストレス

乱れた生活習慣や病気などの身体的ストレスや精神的ストレスは体のホルモンバランスを崩し、肌への栄養の不足、水分維持力低下などの異常を引き起こした結果、老化現象を促進し、しわやたるみを発生させます。

表情によるしわの固定化も大きな問題となります。 いつも悩んだり、イライラして、顔をしかめていることが多い方の眉間には、残念ながらくっきりと縦じわが刻まれてしまっています。また、目が悪いと物を見る時に無意識に眉間にしわを寄せてしまうことがあります。

肥満もしわ・たるみの大敵

大きなダイエットに成功した女性や引退したお相撲さんの肌をご覧になったことがありますか?太って皮膚が長期間伸びてしまった状態から痩せた結果、体の表面はしわしわでたるみが目立っています。

若い頃のお顔の皮膚は新陳代謝が活発で、一旦伸びても、痩せれば元に戻りやすいのですが、20歳をすぎてくると、伸びた皮膚は元の大きさに戻りづらくなります。若い時は太ると顔まで大きくなることが多いのですが、歳をとると徐々にお肉は腹部に集中し、顔の肉は徐々に減ってきますので、顔のしわやたるみが目立ってきてしまいます。

20歳をすぎたらもう、お肌にとって肥満は大敵といえます。普段から太らないように健康管理をすることもしわ・たるみ予防にとても重要です。


美容鍼灸の効果


【関連サイト】

このページの先頭へ