東洋医学において体調を左右する3つの大切な要素

東洋医学において体調を左右する3つの大切な要素、気・血(けつ)・水(すい)があります。
それぞれが影響しあって、体の中のバランスを整えています。これらの要素の過不足やバランスの乱れが、肌のトラブルや生理不順・生理痛などの女性の悩みを引き起こします。

気:体の機能を調整する物質

最も基礎となるもので、血と水を動かしています。気は体の中にある各器官の機能のどれかが、弱かったりどれかが強くなりすぎたりしないよう、体調・バランスを整えています。この気の異常には主に2つ「気虚」と「気滞」があります。精神的なストレスを感じると気の流れが悪くなったり、過度に消耗してしまいます。食べることでも気を補充できるので、うまく消化し、しっかりと食事をとりゆったりと生活することが大切です。

気虚《気が不足》: だるくて疲れやすくなったり、肌のたるみや老化現象の加速
気滞(きたい)《気の流れの低下》: 精神的に不安定、落ち着きがない、イライラ怒りっぽい、更年期の症状

血:栄養を運ぶ物質

血の異常にも主に2つ「血虚」「お血」があります。月経のある女性にとって食に問題があると「血虚」は発生しやすく、「お血」の主な原因としては、喫煙、ストレス、過剰なダイエットなどがあります。万病のもとと言われる「冷え」もその原因の一つですので、お腹や腰を出すファッションや、血流を悪くするきつい下着などは避けた方がいいでしょう。

血虚《血が不足》: 各臓器や器官に栄養が行き届かない。肌の老化やシミなど
お血(おけつ)《血の流れの低下》: 湿疹やニキビ、吹き出物、シミ、クマ、静脈瘤など

水:体の中の正常な水分

普段の生活で脱水症状のように水分が足らなくなることは、あまりありませんが、逆にとりすぎた状態でも悪い影響「水毒」がおきます。
水分が体内で過剰になると、それを代謝するのに体に負担をかけ、排泄しきれない水分がたまって、冷えを起こしたりむくみを生じさせます。結果、便秘や下痢の腸の異常もおこし、特に代謝の悪い部分に水はたまりやすいので、もともと体の弱かった部位に影響がでてきます。そうして頭痛、関節痛、鼻炎などを起こし、イライラなどのストレスがたまり、ホルモンバランスが崩れて顔の肌にも悪影響がでてきます。
冷たいものを一気に飲まない、温かい物をゆっくり飲むことが大切です。また特別な事情がない限り、喉が渇かない時に無理して飲まない方が体にはよいでしょう。

痰飲(たんいん)《異常な水分がたまった状態》: むくみや頭痛、便秘、下痢などのさまざまな症状

鍼灸治療の目的は、この気・血・水のバランスをうまく整えることです。
調整することで、肌荒れやニキビ、しわ、しみなど多くの肌トラブルの原因となる身体的ストレス(ホルモンバランスの異常や体の不調)を取り除きます。顔へ鍼治療をする美顔鍼(美容鍼)は、直接、顔の気・血・水の流れをよくすることができ、部分的にくすみを解消し透明感を出したり、直接リフトアップ効果を生み出し、しわを改善することができます。

エステ施術やリラックスした時間と生活習慣の改善

鍼灸治療は主に身体的ストレスを、気持ちよいエステのマッサージやリラックスした時間と空間は精神的ストレスを、そして普段の生活スタイルの改善方法などについて話すカウンセリングは、外部環境のストレスや身体的ストレスを軽減します。

ストレスによる影響と鍼灸・エステなどの効果
ストレスによる影響と鍼灸・エステなどの効果
環境的(外部)ストレス
  • 厳しい外部環境(紫外線や汚れた空気、空気の乾燥など)
  • お肌にあわない化粧品や薬品の使用
  • 強いクレンジング
身体的ストレス
  • 加齢、新陳代謝の低下、更年期障害
  • 乱れた食生活:過食、少食、偏食(塩分、油分のとりすぎ、甘い・辛い物、冷たい物や生ものの食べすぎ)、過激なダイエット
  • 喫煙・大量の飲酒
  • 睡眠不足や不規則な(夜型)生活
  • 働きすぎや遊びすぎなどによる過労・運動不足
  • 水分のとりすぎ
  • 慢性的な病気:特に生理不順、肩こり・腰痛、頭痛・めまい、眼精疲労、胃腸などの消化器の機能不全
  • お腹を出すような服装などによる冷えや便秘
  • あわない薬の服用など
精神的なストレス
  • 責任の大きな仕事、働きすぎ、周囲の人間関係、悲しい出来事、大きな事故などによるトラウマ、病気などの悩みなど

しわ・たるみ、くすみ、しみ、肌荒れ、目のクマ、ニキビ、乾燥、蕁麻疹、アトピーなどのお肌のトラブルのほか、脱毛やむくみなどのトラブルは、これらのストレスを多く受けることにより現れてきます。

美しさを実現し長く維持するためには、これらのさまざまなストレスに対し、鍼灸治療だけでなく多方面からのアプローチを行っていくのが効率的です。美容鍼灸治療は総合的なケアの一部として捉えていただくのがよいと思います。鍼灸治療とエステのトリートメントを同時に受けて、安心な個室で心からリラックスした時間を過ごしていただき、ストレスを解消し、体の中も外も美しくなっていただきたいと願っています。


東洋医学について


【関連サイト】

このページの先頭へ